ホーム » 読みもの » 【速報】神戸市のワクチン接種に行ってきた
a

【速報】神戸市のワクチン接種に行ってきた

読みもの

こんにちは!神戸ポップです。

今日、兵庫県神戸市内の大規模接種会場で新型コロナワクチンの接種を受けてきました。ファイザー社製です。まず、なぜこんなに接種が早いのかというと、私が「精神障害のある方」に該当するからなんですよね(双極性障害)。7月は中旬以降立て込むので、早めに行けてよかったです。

さて、何が気になるかって?痛さですよね。(笑)本当に、噂のまんまで、「プチッ」とするだけでした。筋肉注射なので、打つ力はやや力は強め。痛みはインフルエンザ注射の1/4くらいでした。はっきり言って、痛くない

大規模会場だったんですが、おおよそ40分で終わりました。流れはこうです。接種券を出す、予診票を出す、看護師から問診を受ける、医師がOKを出す、そして隔離部屋で看護師とともに医師に注射してもらう。その後、事後処理、15分待機、終了。多くのスタッフは私も検討していた日雇いバイトの方々でしたが、現場に近いスタッフさんほど親切な印象を受けました。別会場の次回予約では、対応の良さが人によってマチマチでしたね。(笑)医師の態度も人それぞれですが、下手って話は聞いたことがないのでご安心ください。

このブログは接種6時間後に書いていますが、今のところ目立った違和感は出ていません。打った直後は少しキューって腕が締まる感じはしましたが、すぐに気にならなくなりました。今は、あえていえば打った箇所だけ軽い筋肉痛になっている感じです。ちなみに熱は出ていません。(出たらもう一個【速報】作ります!)

神戸市の一般予約受付開始日はこのようになっています。※すべて終了または日時変更のため、市サイトへご確認ください。
59〜50歳:7月5日(月)
49〜40歳:7月10日(土)
39〜30歳:7月15日(木)
29〜16歳:7月20日(火)
受付開始日は医療機関によって時期が異なるので必ず確認して下さい。

神戸市ホームページ

さて。コロナが落ち着いたらやりたいこと。私はワクチン接種を終えたら海外旅行に行きたいです!台湾に行ってみたい。台湾は沖縄と香港に挟まれている印象で、テレビやガイドで見るところ、景観は香港に似てそうです。でも食べ物は沖縄とも似ているかなーと思っていて、すごく楽しみなんです。もちろん、MacBook持っていって街角のカフェでブログを書けたら素敵!いつかはもっと外の世界へ出ていきたいです。私、あんまり日本の生活に向いていないと思うんですよね…(泣)。YouTubeをご覧いただく通り、あのボディーランゲージのデカさよ。よく、「ジッとして!」と言われながら育ったもんです。

しかしながら、お腹は日本から離れられません。「日本人だから胃腸が弱い」んです…。

とりあえず、私はワクチン接種派なので2回しっかり受けたいと思います!次は今月下旬。コロナが早く落ち着きますように。

この記事を書いた人:神戸ポップ

NFTアーティスト・イラストレーター・ブロガー。

1983年兵庫県生まれ。
甲南大学文学部社会学科卒業。

発達障害と双極性障害II型の当事者で、病気は37歳の時に寛解。

心理学や哲学的なこと、そして何よりファイナルファンタジーが好きなアラフォー女性です。

心身の調子を崩しやすいことをきっかけにアロマテラピーや漢方の勉強もしてきました。

好奇心旺盛を活かして世の中の「ナゼナニ?」を考察してはアウトプットしています。

たまに実演販売もしています。

各リンク
linktr.ee

▼MAIL
yuka.mitsufuji@kobepop.net

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました